Home » Safuran by Ōgai Mori
Safuran Ōgai Mori

Safuran

Ōgai Mori

Published
ISBN :
Kindle Edition
5 pages
Enter the sum

 About the Book 

明治・大正期の文学者、森鴎外の随筆。初出は「番紅花」[1914(大正3)年]。それまで、名前だけは知っていたが、実際には目にしたことがなかったサフラン。そんなサフランをふとしたきっかけで手にすることになった鴎外が記したエッセイである。「宇宙の間で、これまでサフランはサフランとして生存をしていた。私は私の生存をしていた」という記述には、鴎外の心象風景とでも言うべき世界が読み取れる。